/

東京に内部被曝の測定施設 1回1万2600円

(更新)

内部被曝(ひばく)や食品の放射線量などを検査できる施設「放射能プレミアムドック」センターが16日、東京都品川区に開設された。内部被曝線量を測るホールボディーカウンターなどが設置され、一般の人が有料で検査を受けられる。福島第1原子力発電所事故に伴う不安解消や健康管理に役立ててもらう。

センターに設置された内部被曝(ひばく)線量を測るホールボディーカウンター(16日午前、東京都品川区)

同センターは、ジャスダック上場のIT保守業務受託会社「日本サード・パーティ」(東京)が開設。チェルノブイリ原発事故で被害を受けたベラルーシが開発した検査機器を導入した。

この日、参加者が無料体験。内部被曝検査を受けた東京都港区の女性会社員(45)は「食品摂取による内部被曝が心配。検査で安心できる」と話した。

内部被曝と甲状腺被曝検査は、1回1万2600円で受けられる。福島県在住者や避難者は半額となる。同社の担当者は「検査データを蓄積し、被曝医療の発展にも貢献したい」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン