テレビ朝日が3800万円所得隠し 東京国税局指摘

2012/10/16付
保存
共有
印刷
その他

テレビ朝日(東京・港)が東京国税局の税務調査を受け、2011年3月期までの2年間に計約3800万円の所得隠しを指摘されたことが16日、分かった。経理ミスを含めた申告漏れの総額は約2億7300万円で、重加算税を含め約9300万円を追徴課税されたという。同社は既に納付した。

同社によると、取引先に依頼して番組制作費を前倒し計上させた経理処理について、仮装・隠蔽を伴う悪質な所得隠しに当たると認定された。

同社広報部は「指摘を真摯に受け止め、今後も適正な経理・税務処理に努める」としている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]