2019年2月21日(木)

空飛ぶ菌から納豆 黄砂研究で意外な副産物
金沢大など

2012/8/16付
保存
共有
印刷
その他

空飛ぶ菌から生まれた納豆はいかが――。黄砂が運ぶ細菌の調査をしている金沢大の研究チームが、石川県・能登半島上空約3千メートルで採取した菌を使った納豆「そらなっとう」を開発した。同県産の大豆を使う納豆メーカーの協力の下、地元産をうたって金沢大で試験販売。調査の意外な"副産物"は人気が高く、今後、一般販売も行う。

「そらなっとう」を持つ牧准教授=共同

研究チームは、能登半島北端の石川県珠洲市や中国・敦煌などで、5年前から気球や飛行機を使って上空の大気を採取。黄砂とともに大陸から日本に飛来する細菌を調べ、納豆菌に似た、人体に無害なバチルス菌が見つかった。

「有害とばかり考えられている黄砂が有効利用できるかもしれない」。チームの一員で金沢大理工研究域物質化学類の牧輝弥准教授(39)が2年前、大豆にこの菌を加えた結果、予想通り納豆が出来上がり、自ら試食して安全性も確認した。

石川県白山市の納豆メーカー「金城納豆食品」に結果を持ち込み、商品化に向け共同開発することに。珠洲市の上空約3千メートルで採取した菌と県産大豆に加え、たれに使うしょうゆまで県産にこだわり、そらなっとうを完成させた。

同社の吉田圭吾常務(37)は「粘りとにおいが弱いのが特徴で、苦手な人も食べやすい」。牧准教授が大学の生協食堂に掛け合い、今年7月10日の"納豆の日"から1個50円で試験販売。売れ行きは好調で、家族に頼まれ10個ほどまとめて買う学生もいたという。

同社は現在、県内スーパーでの販売に向け準備中。吉田常務は「こんな形で新商品が生まれるとは思ってもみなかった。地産地消が注目される中、支持は得られるはず」と意気込む。

牧准教授は思わぬ展開に「僕自身も楽しい」と満足げ。「中国のトウチ(豆鼓)など、アジアには納豆に似た大豆の発酵食品がある。それらの誕生過程に黄砂が関係していると考えてみるのも面白い」と話している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報