/

社債募集で詐欺、容疑の男逮捕 被害合計1億円超か

福井、和歌山両県警は16日までに、実体のない会社の社債購入を持ち掛け、高齢の女性ら3人から計3750万円をだまし取ったとして、福井市光陽2、会社役員、中谷昌浩容疑者(48)と福井県あわら市滝、会社役員、中崎幹雄容疑者(55)を詐欺と金融商品取引法違反の疑いで逮捕した。

福井県警によると、募集のパンフレットを受け取った60歳以上の男女112人が購入を申し込み、うち30都道府県の73人が会社の口座に計1億1500万円を入金したとみられ、裏付けを急いでいる。

福井県かるた協会などによると、中谷容疑者は全日本かるた選手権大会の元優勝者。

2人の逮捕容疑は昨年7~10月ごろ、中谷容疑者を社長とする福井市の会社「アイジーティー」の社債購入を持ち掛けるパンフレットを和歌山市の無職女性(80)ら3人に発送し、口座に現金を振り込ませた疑い。会社には事業の実体がなく、社債を償還する意思もなかったという。2人は容疑を否認している。

県警によると、女性らがパンフレットを受け取った後、両容疑者以外の人物から「社債を買えば、6倍の値段で買ってくれる人がいる」などと電話があり、県警は他に共犯者がいたとみて調べている。

現金を振り込んだ和歌山県湯浅町の男性(74)が昨年9月、和歌山県警に相談し発覚した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン