2019年7月23日(火)

発信元特定防ぐ転送ソフト使用 パソコン遠隔操作
弁護士にも犯行声明か

2012/10/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

遠隔操作ウイルスに感染したとみられる大阪府と三重県の男性2人のパソコンから犯罪予告メールが送られていた事件で、2人のパソコンを遠隔操作した人物が発信元が特定されないよう、複数の国のサーバーを自動的に経由させることができるソフトを使っていたことが15日、捜査関係者などへの取材で分かった。

関連記事

遠隔操作の手口や書き込みの内容などを詳細に記した犯行声明のようなメールがTBSに届いていたが、同様のメールが東…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。