/

緊急作業の被曝限度250ミリシーベルトに上げ 厚労省

福島第1原発に限る措置

厚生労働省は15日、福島第1原子力発電所の事故を受け、同原発に限って、緊急作業に従事する労働者が受ける放射線量の限度を100ミリシーベルトから250ミリシーベルトに引き上げた。同省は「首相官邸からの要請を受け、今回の原子力災害の拡大を防止するための応急対策」と説明している。

同省によると、国際基準では「重大事故時に救済作業における被曝(ひばく)は、人命救助を例外として約500ミリシーベルトを超えないようにすべきだ」としている。同省は「国際基準の半分以下ならば急性期の症状は認められない」と判断。放射線障害の専門家でつくる文科省審議会に諮問、「妥当」との答申を受けた。

1時間当たり400ミリシーベルトの放射線が出る現場では、限度100ミリシーベルトでは15分しか作業できないが、250ミリ以下だと30分以上作業できることになる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン