/

大島渚さん死去 80歳、「戦場のメリークリスマス」

(更新)
死去した大島渚さん=共同

映画「愛のコリーダ」「戦場のメリークリスマス」などを手掛けた映画監督の大島渚(おおしま・なぎさ)氏が15日午後3時25分、肺炎のため神奈川県藤沢市の病院で死去した。80歳だった。連絡先は大島渚プロダクション。告別式を行うが日取りなどは未定。喪主は妻で女優の小山明子さん(こやま・あきこ、本名=大島明子=おおしま・あきこ)。

1954年に京大法学部を卒業後、松竹大船撮影所に入社。主に大庭秀雄監督の下で助監督経験を積み、59年「愛と希望の街」で監督デビュー。若者の渇いた心情を荒々しく切り取った「青春残酷物語」(60年)などが若い世代に支持され、篠田正浩氏、吉田喜重氏らとともに「松竹ヌーベルバーグ」の旗手と呼ばれた。

61年には松竹を退社。創造社を旗揚げし、「絞死刑」(68年)など社会的テーマを実験的な手法で表現する作品を次々と製作する。阿部定事件を題材にした「愛のコリーダ」(76年)は大胆な性描写が物議を醸し、ミュージシャンの坂本龍一氏やデビッド・ボウイ氏を主演に起用した「戦場のメリークリスマス」(83年)は大ヒットした。

「愛の亡霊」は78年のカンヌ映画祭で監督賞。96年に脳出血で倒れたが、新選組内部の同性愛を描いた「御法度」(99年)で撮影現場に一時復帰した。その後、後遺症と闘いリハビリ生活を続けていた。

テレビのワイドショーにも和服姿で出演、歯に衣(きぬ)着せぬ辛口コメンテーターとして活躍した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン