/

警視庁巡査長が拳銃自殺か 東京・大田の蒲田署内

15日午後2時45分ごろ、東京都大田区の警視庁蒲田署1階の男子トイレで、同署地域課の角田芳樹巡査長(44)が頭から血を流して倒れているのを同僚が発見した。巡査長は搬送先の病院で死亡が確認された。近くに貸与された拳銃と遺書とみられる文書が落ちており、同署は拳銃自殺とみている。

蒲田署によると、巡査長は夜勤に就く予定で、午後2時半ごろ勤務を開始。署で装備を点検して担当する交番に向かう前だったという。

蒲田署の萩原正男署長の話 拳銃を使用した自殺が発生したことは誠に遺憾。事実関係を明らかにし、再発防止に努めたい。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン