鎌倉の3海水浴場、なじみの名で 愛称公募「今のまま」最多

2014/5/16付
保存
共有
印刷
その他

神奈川県鎌倉市にある材木座、由比ガ浜、腰越の3海水浴場のネーミングライツ(命名権)を取得した菓子メーカー、豊島屋と市は15日、3年間は愛称をつけないことにしたと発表した。3海水浴場の愛称を公募したところ、現在の名称を残すべきだとの意見が最も多かったという。

豊島屋は昨年、命名権を年1200万円、10年間の条件で市から取得。今年3月に愛称とロゴマークのデザインを公募した結果、応募総数393件のうち約1割は現在の名称だった。

愛称選定委員長を務めた同社の久保田陽彦社長は記者会見で「昔から親しんだ名前がよいとの声が多かった」と話した。

ロゴマークは同社の菓子「鳩サブレー」にちなみ、ハトが海水浴を楽しむ絵柄に決まった。東京都の30代の女性が考案した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]