火星の水、誕生から4億年で半分に 「地下には氷」
東京工業大と名古屋大が発表

2014/4/16付
保存
共有
印刷
その他

火星の水は、誕生から約4億年間で半分以上が宇宙空間に流出して失われたとの研究結果を、東京工業大と名古屋大のチームが16日までに、発表した。チームは火星に残る水の量も推定。「観測によって極域で発見されている量よりはるかに多い氷が地下に存在している可能性がある」としている。

チームは、火星から地球に落下した隕石(いんせき)に含まれる水を分析したデータを利用。約41億年前の隕石では、火星が誕生した約45億年前と比べて水の中に含まれる重水素の割合が2~4倍多いという。

水が宇宙へ流出する場合、重水素を含む水は普通の水素を含む水より重いため、惑星に残りやすい。比率の変化から、火星誕生時は最低でも約1500万キロ立方メートルあった水の半分以上が、4億年間で宇宙に流れたとみられることが分かった。

過去の研究で推定された水の量と、今回の研究で分かった失われた水の量の比較から、これまでに知られているより多くの氷が現在も存在する可能性が判明。少なくとも3倍以上になるとみられるという。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]