/

天皇陛下、39度近い熱 医務主管「月内療養を」

(更新)

宮内庁の金沢一郎皇室医務主管と門脇孝東大病院長は15日記者会見し、東大病院(東京・文京)に入院中の天皇陛下の、ここ数日の病状について「39度に近い熱がある」として、今月いっぱいは皇居・御所で療養されることが望ましいとの意見を述べた。退院時期の見通しは示さなかった。

金沢医務主管らによると、陛下は6日、37度半ばの熱とせきが出て、気管支炎の症状が悪化したために入院。抗生物質の投与などで、いったんは36度台後半まで落ち着いたことから退院も検討されたが、11日朝、再び37度台となり、せきが再発。37度台から38度台の熱が続いたため、当面の入院が決まった。

門脇病院長は「これまでの(気管支炎の)症状が再燃したか、新たな呼吸器感染症が出た可能性がある」としており、新たな抗生物質を含め、治療を追加、変更して対応しているという。

金沢医務主管は「退院したとしても、今月いっぱいは皇居・御所でお休みいただくことになる」と説明。今月23日の宮中祭祀(さいし)の「新嘗祭(にいなめさい)」に陛下が出られない可能性もある。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン