花粉飛散2月から、13年より少なめ 気象協会予測

2014/1/15付
保存
共有
印刷
その他

日本気象協会(東京)は15日、今春のスギ花粉の飛散開始はおおむね例年並みか遅く、九州と東海では2月上旬から花粉シーズンに突入するとの予測を公表した。スギとヒノキの花粉飛散量は2013年と比べ全国的に少ない見込み。例年と比べると近畿や四国でやや多く、東海から東北で少ない傾向とした。

予測では2月中旬に四国、中国、近畿、関東でも飛散が始まり、2月下旬から3月に東北に達する。北陸や東北の日本海側では例年より遅く、その他はおおむね例年並み。北海道のシラカバ花粉は飛散時期が遅いため今回は予測していない。

花粉の飛散量が多かった昨年との比較では、東北、関東甲信、北陸、東海、中国地方が「非常に少ない」、四国は「少ない」、近畿、九州が「やや少ない」とした。

協会によると、気温が低いとスギ花粉の飛散開始が遅れる傾向がある。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]