/

産総研と川田工業、軽量ヒト型ロボ開発 研究用販売

産業技術総合研究所と川田テクノロジーズのグループ企業、川田工業(富山県南砺市)は15日、新しい人間型の二足歩行ロボットを共同開発したと発表した。従来より軽量で、手の動きがきめ細かく、音声や人の顔を認識して動作できる。大学や企業の研究向けに提供し、社会で様々な作業をする働くロボットの開発を加速する狙い。

新型ロボットは「HRP-4」。陸上競技の選手のような筋肉質の体をイメージしたデザインで、身長は151センチメートル、重量はバッテリーも含めて39キログラム。従来型の58キログラムから大幅に軽量化した。自由に動く関節も30個から34個に増やし、手で物を操作しやすくした。

この日のデモでは音声指示に従ってポーズを取ったり、人の顔やボールの位置を認識して顔を向けたりした。来年1月以降に販売予定で、本体の価格は2600万円(関連ソフトウエアは含まず)。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン