東ソー爆発事故で部長ら書類送検 山口県警、業過致死容疑

2013/3/16付
保存
共有
印刷
その他

総合化学メーカー「東ソー」南陽事業所(山口県周南市)で2011年、社員1人が死亡した爆発火災事故で、山口県警周南署は16日までに、同事業所の塩ビ製造部長(49)ら3人を業務上過失致死などの疑いで書類送検した。

送検容疑は11年11月13日、計器類の表示を見て異常な化学物質の混入を認識しながら必要な措置を行わず、プラントの密閉状態を放置したことで爆発を招き、プラント付近にいた塩ビモノマー課係長、中村雅典さん(当時52)を死なせた疑い。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]