脊髄損傷に新治療法 京大、ネズミで細胞再生

2014/5/15付
保存
共有
印刷
その他

京都大学の武井義則特定助教らは、下半身がまひ状態となる脊髄損傷で、体内で神経細胞を再生して治療する新手法を開発した。脊髄を傷つけたネズミで実験したところ、通常は後ろ脚を引きずる状態になるところが、ほぼ自然な歩行ができるようになった。今後、より大きな動物で効果を調べて実用化を目指す。成果は15日付の英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。

武井特定助教らは、神経細胞の元となる「神経幹細…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]