/

小保方氏の研究室、写真を公開 理研

理化学研究所は15日、小保方晴子研究ユニットリーダーがSTAP細胞の再現実験に取り組む研究室の内部写真を公開した。IDカードによって入退室する人の出入りを管理するほか、2台のカメラで実験の様子を撮影する。

実験室は神戸市にある理研発生・再生科学総合研究センターのC棟という建屋内に設置した。広さは約25平方メートルで、試薬の保管庫や細胞を培養する装置、実験台を設置している。STAP細胞の論文を発表する前に、小保方氏が実験していたA棟の研究室からは離れている。実験する際は、理研に所属しない研究者が立ち会う予定。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン