/

都知事選、きょう投開票 石原都政の継承争点

(更新)

石原慎太郎前知事の辞職に伴う東京都知事選は16日、投開票を迎える。17日間の選挙戦は前知事の後継指名を受けた前副知事の猪瀬直樹氏(66)に他候補が挑む構図。石原都政を継承するかが争点となった。

猪瀬氏は選挙戦最終日の15日午後5時40分ごろ、JR新宿駅東口前で最後の訴えに立った。日本維新の会代表で同じ場所で演説した石原前都知事から「後はまかせる」とエールを送られ、「東京電力改革をやれるのは東京都しかない。東京は日本の心臓。東京が日本を動かす」と声を張り上げた。

前神奈川県知事の松沢成文氏(54)は繁華街を中心に遊説。午後4時にはJR池袋駅東口前で演説を行った。石原都政の刷新とともに「(新政党の乱立する)政治の混乱に惑わされず、都知事選は政策と人物を見て判断していただきたい」と訴えた。

前日弁連会長の宇都宮健児氏(66)は午後5時半前、JR新宿駅南口前で「上から目線で弱者を切り捨てる政治」と石原都政を批判、「都政を都民の手に取り戻しましょう」と呼びかけた。さらに「地震列島の日本に原発はあってはならない」などと脱原発についても強調した。

◇都知事選立候補者(届け出順)

マック赤坂(64)団体役員 諸新

ト ク マ(46)歌手   諸新

松沢 成文(54)前神奈川県知事無新

笹川  尭(77)元衆院議員諸新

宇都宮健児(66)弁護士  無新

猪瀬 直樹(66)前東京都副知事無新

中松 義郎(84)発明家  無新

吉田 重信(76)元外交官 無新

五十嵐政一(81)会社社長 無新

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン