横浜の裁判員裁判、初の死刑判決
2人殺害

2010/11/16付
保存
共有
印刷
その他

横浜地裁で裁判員裁判初の死刑判決が言い渡された(16日午前)=代表撮影

横浜地裁で裁判員裁判初の死刑判決が言い渡された(16日午前)=代表撮影

男性2人を殺害し、遺体を切断して横浜沖などに捨てたなどとして、強盗殺人などの罪に問われた無職、池田容之被告(32)の裁判員裁判の判決公判が16日、横浜地裁であり、朝山芳史裁判長は「利権を得たいという動機で2人を殺害した。欲に駆られた身勝手なもので酌量の余地はない」と述べ、求刑通り死刑を言い渡した。裁判員裁判での死刑判決は初めてで、重い判断を迫られる裁判員らの負担をどう緩和するかなどが改めて課題となりそうだ。

朝山裁判長は判決理由で、死刑適用について最高裁が示した「永山基準」をよりどころに量刑を検討したと説明。「(被害者が家族に電話したいという)最後の望みさえ聞き入れなかったのは残虐極まる」などと犯行の悪質性を指摘した。

弁護側は被告が覚せい剤事件で逮捕後、殺人を自ら打ち明けたことが自首に当たるとして刑を軽くするよう主張したが、「すでに捜査線上に浮かんでいた。自首の効果は大きくない」と退けた。

「被告なりに罪と向き合い謝罪と反省をしていることは更生の余地があると評価できるが、人間性をようやく回復したにすぎない」と指摘。「あまりにも残虐、非人間的で倫理観を欠いている。酌むべき事情を検討しても極刑を回避すべき事情はない」と結論づけた。

公判では起訴内容に争いはなく、量刑が焦点だった。検察側は論告で「池田被告を死刑にできないなら、今後死刑になる者がいるのか」と裁判員に問いかけ、弁護側は最終弁論で「少しでもためらう気持ちがあるなら死刑判決を出してはならない」と極刑回避を主張。10日の結審後、評議は15日まで3日間行われた。

公判には区分審理が適用され、覚せい剤密輸などを審理した前半の裁判員裁判では10月14日、有罪の部分判決があった。

池田被告と強盗殺人罪などで共謀したとされる元早大生、近藤剛郎容疑者(26)は国際手配中。

昨年5月に始まった裁判員制度で、検察側が死刑を求刑したのは、今月1日に東京地裁で無期懲役判決が出た耳かきサービス店員ら2人殺害事件に続き2例目。同事件では検察側が控訴を見送り、一審判決が確定した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]