/

三菱自、ミラージュ2万台リコール ABS誤作動も

三菱自動車は15日、横滑りを防ぐ装置のABSが誤作動する恐れがあるとして乗用車「ミラージュ」1万9647台(2012年7月~13年1月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。東南アジアなど海外分を合わせると計約7万8000台に上り、各国で同様の措置を取る。

国交省によると、前輪付近のセンサー部品で防水性能が不足。センサー内部に水が入ることで異常信号を出し、ABS警告灯が点灯したり、高速走行中に急ブレーキをかけると、車体が横滑りしたりする恐れがあるという。

国内ではこれまでに45件の不具合情報が寄せられているが、事故の報告はない。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン