/

6億円強奪、実行役2人を窃盗罪で追起訴

東京都立川市の警備会社「日月警備保障」立川営業所から現金約6億円が強奪された事件で、東京地検立川支部は15日、乗用車のナンバープレートを盗んだとして、実行役の渡辺豊容疑者(41)と植木秀明容疑者(31)を窃盗罪で追起訴した。2被告は既に強盗傷害罪などで起訴されている。

起訴状によると、渡辺被告らは5月12日午前2時ごろ、東京都八王子市の駐車場で、乗用車に装着されたナンバープレート2枚を盗んだとされる。捜査関係者によると、2被告は捜査をかく乱するため、逃走車両のナンバーを盗んだものと付け替えたとみられる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン