2018年7月23日(月)

菅井五段、将棋ソフトに敗れる 電王戦第1局

2014/3/15付
保存
共有
印刷
その他

第3回電王戦でコンピューターソフト「習甦」に98手で敗れた菅井竜也五段。左は指し手役を務めたロボットアーム(15日、東京都江東区の有明コロシアム)=共同

第3回電王戦でコンピューターソフト「習甦」に98手で敗れた菅井竜也五段。左は指し手役を務めたロボットアーム(15日、東京都江東区の有明コロシアム)=共同

 コンピューター将棋ソフト5種とプロ棋士5人が戦う、第3回将棋電王戦の第1局が15日、東京・江東の有明コロシアムで指され、ソフト「習甦(しゅうそ)」が98手で菅井竜也五段を破った。昨年行われた第2回電王戦は、プロ棋士側が1勝3敗1分けと負け越し。雪辱を期すプロ棋士だったが、黒星スタートとなった。

 デンソーが提供した産業用ロボットアームがソフトの指示に従い、盤上の駒を動かした。

 先手の菅井五段は得意の中飛車戦法で臨んだが、習甦は先手の攻めに手厚く対応。先手の大駒を圧迫してじわじわと中央を制圧し、押し切った。菅井五段は終局後、「力を出せなかったというより、うまく指されました」とソフトの強さをたたえた。

 第2局の佐藤紳哉六段対ソフト「やねうら王」戦は22日に東京・墨田の両国国技館で指される。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報