/

この記事は会員限定です

川重に「他社排除へ案出せ」 ヘリ発注で陸自2佐

防衛省側の不正主導を裏付け

[有料会員限定]

陸上自衛隊の次世代型ヘリコプターを巡る不正発注事件で、防衛省技術研究本部(技本)に所属していた2等陸佐がヘリ開発発注の公示前、「競合他社を排除する案を出してくれ」などと川崎重工業(本社・神戸市)が有利になる技術仕様を提案するよう同社担当者に指示していたことが15日、関係者の話などで分かった。

東京地検特捜部は、不正発注を2佐ら防衛省側が主導的に進めたことを裏付ける経緯として重視しているもようだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り689文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン