2018年11月16日(金)

所得税の不正還付を指南、コンサル社長を逮捕

2013/2/15付
保存
共有
印刷
その他

東京地検特捜部は15日、会社員らに所得税約2500万円の不正還付を指南したとして、経営コンサルタント会社「グローバルワークス」(東京・新宿)の社長、本多弘樹容疑者(34)を所得税法違反(脱税)容疑で逮捕した。

逮捕容疑は、都内の会社員ら数十人に対し、副業で赤字が出たと偽った確定申告をするよう指導し、会社員らの2005~11年分の所得税約2500万円を脱税させた疑い。

給与から所得税が源泉徴収される会社員でも、副業で損失が出るなどした場合は確定申告することで納め過ぎた所得税の還付を受けることができる。

本多容疑者はホームページで「これまで多くの個人事業主の税金還付をサポートしてきた」などと宣伝し、顧客を勧誘していた。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報