/

作詞家の星野哲郎さんが死去 「函館の女」など約4000曲

(更新)
星野哲郎さん=共同

「三百六十五歩のマーチ」「函館の女」など多数のヒット曲で知られる作詞家の星野哲郎(ほしの・てつろう、本名=有近哲郎=ありちか・てつろう)さんが15日午前11時47分、心不全のため東京都武蔵野市の病院で死去した。85歳だった。自宅は小金井市梶野町3の6の10。告別式は19日正午から東京・青山葬儀所。喪主は長男、真澄氏。葬儀委員長は作曲家の船村徹氏。

遠洋漁業の乗組員になったが病気であきらめ、雑誌の懸賞への応募をきっかけに1953年に作詞家デビュー。水前寺清子さんの「三百六十五歩のマーチ」、北島三郎さんの「函館の女」、都はるみさんの「アンコ椿は恋の花」、鳥羽一郎さんの「兄弟船」など演歌作詞の第一人者として数々のヒット作を生んだ。

映画「男はつらいよ」シリーズの主題歌でも知られた。作品は演歌からポップスまで幅広く、4000曲以上を作詞した。91年、北島さんが歌った「北の大地」が日本レコード大賞を受賞。

日本音楽著作権協会(JASRAC)会長、日本作詩家協会会長などを歴任した。2000年に勲三等瑞宝章。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン