/

台風26号「10年に一度の強い勢力」関東上陸の恐れ

気象庁

大型で強い台風26号は15日、日本の南海上を北上した。次第に速度を上げ、16日朝には強い勢力を保ったまま関東に接近する見込みで、上陸する恐れがある。気象庁は15日午前、記者会見し「関東に接近、上陸する台風としては10年に一度の強い勢力」として、西日本から北日本の広い範囲で暴風や高波、大雨に警戒するよう呼びかけた。

同庁によると、関東に最接近するのは16日午前9時ごろ。「朝の通勤・通学時間帯は激しい雨や風が見込まれ、交通機関への影響も予想される。風が弱まってから出かけるなどの対策を取ってほしい」としている。大気の状態が不安定になるため落雷や竜巻などの突風にも注意が必要という。

同庁によると、16日にかけて予想される最大風速は関東、伊豆諸島、北海道35メートル、東北、東海30メートル、北陸25メートル、近畿、沖縄23メートルと予想され、これらの地域の最大瞬間風速は50~35メートル。

16日正午までの24時間予想雨量はいずれも多いところで東海400ミリ、関東甲信、伊豆諸島300ミリ、東北、北陸、近畿250ミリ、四国200ミリ、中国180ミリ。局地的に1時間80ミリ超の非常に激しい雨の恐れがある。

台風は15日正午現在、日本の南を時速25キロで北に進んだ。中心気圧945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速40メートル、最大瞬間風速は55メートル。中心から半径190キロ以内は風速25メートル以上の暴風となっている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン