/

民家床下から2遺体発見、別の遺体情報も 兵庫・尼崎

兵庫県尼崎市の貸倉庫で昨年11月、ドラム缶からコンクリート詰めになった同市の無職、大江和子さん(当時66)の遺体が見つかった事件に関連し、兵庫県警は15日までに、同市梶ケ島の住宅の床下から2遺体を発見した。同事件で起訴された女の周辺者から「住宅に数人の遺体がある」などの情報が寄せられ、殺人容疑で家宅捜索していた。さらに別の遺体が遺棄されているとの情報もあり、県警は引き続き捜索している。

捜査関係者によると、この住宅には大江さんの事件を主導したとされる無職、角田美代子被告(64)=傷害致死罪などで起訴=の義理の娘(27)=窃盗罪で起訴=の祖母(87)が住んでいた。しかし、約10年前から行方が分からず、住宅は空き家になっていたという。

角田被告の自宅に出入りするなど周辺にいた男女数人が行方不明で捜索願が出されており、県警は遺体との関係を調べている。

県警によると、捜索は13日に始まり、14日昼ごろ、住宅の床下の土の中から、うつぶせの状態で埋められている遺体を発見した。着衣はなく、白髪まじりで女性とみられる。目立った外傷はなく、両足の一部が白骨化していた。

2人目の遺体は1人目から約2メートル離れた場所で全身が白骨化した状態で見つかり、黒髪で、性別は不明という。

いずれの遺体も死後1年以上経過しているとみられ、県警は司法解剖するなどして身元の確認を急ぐ。また、2遺体の周辺から複数の小さな骨片が見つかっており、人骨かどうかも調べる。

近所の住民などによると、住宅に住んでいた祖母は約10年前に「子供と暮らす」と言って出て行ったきり、行方が分からなくなっている。

県警によると、角田被告の関係者から今月、「大江さんのほかにも、数人の遺体が尼崎の住宅にあると聞いた」との証言が得られたという。

大江さんの遺体が見つかった事件では、死体遺棄罪などに問われた角田被告の親族の男(38)が9月に有罪判決を受けたほか、角田被告や大江さんの長女の香愛被告(44)ら4人が傷害致死や死体遺棄などの罪で起訴されている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン