/

那智の滝登った容疑、逮捕の著名クライマーら釈放

(更新)

和歌山県那智勝浦町の世界遺産「那智の滝」でロッククライミングをしたとして、新宮署は15日、男3人を軽犯罪法違反(禁止区域への立ち入り)の疑いで現行犯逮捕した。同署はその後3人を釈放。今後は任意で事情聴取を続け、容疑が固まれば書類送検する。

3人のうち1人は世界的にも著名なアルパインクライマー(32)=甲府市。新宮署によると、「立ち入り禁止は分かっていたが、日本一の滝に登りたかった」と話した。

同じく世界遺産の熊野那智大社は那智の滝をご神体として敷地への立ち入りを禁止。朝日芳英宮司(78)は「2700年の歴史上、こんなことは初めて」と話している。

新宮署によると、3人は登山仲間。那智の滝の滝つぼ近くにある「立入禁止」の札がかかった柵を乗り越え、岩の隙間に入れる「カム」と呼ばれる道具を使いながら、滝の約3分の2の高さ約100メートルまで登った。岩などに傷はついていない。

逮捕容疑は15日午前8時半ごろ、立ち入り禁止区域へ侵入し、那智の滝の岩を登った疑い。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン