/

ビックカメラのネット通販でポイント不正使用、被害20人

利用を一時停止

ビックカメラは15日、13日までに同社のインターネット通販サイト「ビックカメラドットコム」で、他人のID、パスワードを使って本人になりすましたポイントの不正使用があったと発表した。同社ではサイト上で使えるポイントの利用を停止し、通販サイトも14日午前0時に閉鎖した。被害額は判明分で数十万円にのぼるという。通販サイトの再開の時期については「早急にしたい」(広報・IR部)としている。

ポイントを不正使用されたのは約20人。既にポイントの戻し入れをした。ビックでは不正使用が発覚した翌日に警察、関係行政機関に届けたとしている。

ビックのポイント会員は2500万人いるが、今回被害を受けたのは、店舗とネット通販の両方でポイントを使えるように登録をした会員。「店舗だけを利用する客のポイントは従来通り使える」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン