/

日本コカ・コーラ飲料「特保と誤解させるCM」 消費者庁

特定保健用食品(トクホ)ではない炭酸飲料をテレビCMで「トクホウ」と強調して宣伝するのは、消費者を誤解させる恐れがあるとして、消費者庁が15日までに製品を販売する日本コカ・コーラに改善を求めていたことが分かった。

改善要請を受けたのは同社が4月22日に発売した「カナダドライジンジャーエールFIBER8000」のテレビCM。放映は同月24日からで、新発売を「トクホウ」(特報)と表現したうえで、画面に大きく表示して読み上げた。

CMは「特定保健用食品(トクホ)ではありません」と併記していたが、消費者庁は消費者がトクホと誤解して購入する恐れがあると判断。4月下旬、同社に口頭で問題点を指摘した。CMは今月7日に放映を終了している。

トクホは国の審査、許可を受けて健康への効果を表示して売ることができる商品。今回指摘を受けた炭酸飲料はトクホではないが、食物繊維を含むなど「健康志向飲料」として売り出している。

日本コカ・コーラの話 誤解を与える意図はなく、新商品をインパクトをもって伝えることが目的の広告だった。誤解を招きかねないという指摘は真摯に受け止めたい。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン