/

でんぷんカルテルの疑い、13社立ち入り検査 公取委

(更新)

トウモロコシを原料とするコーンスターチなどの価格カルテルを結んでいたとして、公正取引委員会は15日、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで、J―オイルミルズや日本コーンスターチ(東京・港)、林原(岡山市)など13社の本社などに立ち入り検査した。業界団体の「日本スターチ・糖化工業会」(東京・港)も対象で、立ち入り先は30カ所以上に上った。

他に立ち入り検査を受けたのは日本食品化工、昭和産業、群栄化学工業、王子製紙子会社の王子コーンスターチ(東京・中央)、加藤化学(愛知県美浜町)など。

関係者によると、対象になったのは、コーンスターチや水あめ、ブドウ糖の3品目で、国内の市場規模は計約1000億円とみられる。13社は原料のトウモロコシの国際価格が高騰した数年前から、各社の担当者らが話し合って、食品メーカーなどへの販売価格を決めていた疑いが持たれている。

コーンスターチはトウモロコシを加工したでんぷん。食品のほか、接着剤の原料など工業用の用途もある。さらに加工すると、甘味料の水あめやブドウ糖になる。

トウモロコシを原料とする製品を巡っては、公取委は今年1月、液体状の甘味料「異性化糖」で価格カルテルを結んでいたとして10社を立ち入り検査。調査の過程で、J―オイルミルズや林原など3社も加わった計13社で、コーンスターチなどでも価格カルテルを結んでいた疑いが浮上したとみられる。

公取委の検査について、J―オイルミルズと日本食品化工、昭和産業、林原、群栄化学工業の各社は「立ち入り検査を受けたのは事実。調査には全面的に協力する」とそれぞれコメント。日本スターチ・糖化工業会は「担当者がいないため答えられない」としている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン