2018年1月20日(土)

台風15号、沖縄・奄美に接近 3連休直撃の恐れ

2011/9/15付
保存
共有
印刷
その他

 台風15号は15日、沖縄県・南大東島の東海上を西寄りに進んだ。同日午後には大東島地方に接近し、16日にかけて沖縄本島や奄美に近づく見込みで、直撃の可能性もある。台風は沖縄・奄美に接近後、動きが遅くなる見通しで3連休は大荒れの天気となる恐れがある。気象庁は強風や高波などへの警戒を呼び掛けた。

 同庁によると、台風はやや発達しながら西北西に進んでおり、15日は大東島地方で大しけになる。16日にかけて同地方のほか、沖縄本島や奄美でも波の高さが6メートルの大しけとなり、九州南部も5メートルとしける見通し。西日本の太平洋側も台風からのうねりにより、次第に波が高くなる。

 沖縄本島と奄美では最大風速23メートル、大東島地方で20メートルが予想される。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

台風



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報