/

この記事は会員限定です

被災地「希望の星」が頂点に フィギュア、羽生選手が金

[有料会員限定]

被災地の「希望の星」が世界の舞台で日本男子初の頂点に輝いた。14日夜(日本時間15日未明)に行われたソチ五輪のフィギュアスケート男子フリー。若きエース、羽生結弦選手(19)が今大会初の金メダルを日本にもたらし、町田樹(23)、高橋大輔(27)両選手も入賞を果たした。力を出し切った選手たちに、会場から歓声と拍手が送られた。

「すごくうれしいが、自分の中では(演技に)悔しい部分もある。とにかく驚いた」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り946文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン