/

貧困解消へ理解深めて 市民団体がブックレット

発展途上国の貧困解消に関する国際目標「ミレニアム開発目標(MDGs)」について、策定の経緯や現状などを解説したブックレットを、貧困問題に取り組む日本の市民団体が刊行した。

「ミレニアム開発目標 世界から貧しさをなくす8つの方法」と題したブックレットは、アフリカ日本協議会の林達雄代表理事ら市民団体のメンバーが共同で執筆。

2000年の国連総会でMDGsがつくられた経緯をはじめ、「極度の貧困と飢餓の解消」「初等教育の完全な普及の達成」など8つの目標ごとに、その内容や達成に向けた国際社会の努力の現状、問題点などを、写真やグラフを交えて分かりやすく解説した。

執筆者の一人で同協議会の稲場雅紀さんは「15年の達成期限が迫り、重要な時期を迎えているが、日本国内でのMDGsへの関心は低く、一般向けの本もほとんどない。ブックレットをきっかけに、MDGsが国際社会にとっていかに重要かなどを理解してほしい」と話している。

出版は合同出版からで、税込み650円。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン