2019年6月25日(火)

日本人作品に注目 ロンドンでデザイン祭典

2012/9/17付
保存
共有
印刷
その他

300以上の催しが行われるデザインの祭典「ロンドン・デザイン・フェスティバル2012」がロンドン市内で23日までの日程で始まった。10回目となる今年は、目玉の一つとして日本人デザイナーの作品も展示され、注目を集めている。

中心会場となるビクトリア・アンド・アルバート博物館に展示されているのは、佐藤オオキさん(34)が率いるデザイン事務所の作品。空間に合わせてさまざまにデザインされた白い椅子が館内の各所に置かれ、幾つかには見学者も座ることができる。

佐藤さんは「アートとデザイン、日常生活が密接につながるということを表現した」と話した。

英国を拠点に活動する日系英国人、ケイイチ・マツダさん(28)による、多面体にロンドンの日常風景を表現した作品もフェスティバルの一環として同博物館に展示されている。(ロンドン=共同)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報