/

日航のB787機から白煙、バッテリー不具合の表示

14日午後4時15分ごろ、出発準備中の成田発バンコク行き日本航空707便ボーイング787型機から白煙が上がっているのを整備士が見つけた。操縦室の計器にメーンバッテリーの不具合を示す表示が確認された。搭乗前だったため、乗員、乗客にけがはなかった。日航はバッテリーのトラブルの可能性があるとみて、今後、原因を詳しく調べる。

国土交通省は日航とともに本格的な原因調査を始めた。日航は15日未明、トラブルのあった機体からバッテリーを取り外し、米ボーイングとも協力して今後、分解調査をする方針だ。

日航によると、バッテリーの格納容器を開けたところ、8つある「セル」と呼ぶリチウムイオン電池の1つが過熱し、電解液が飛散しているのが見つかったという。リチウムイオン電池が発熱した痕跡とみられる。

日航は機体を別のボーイング787型機に変更し、成田空港を7分遅れで出発した。

昨年1月に日米で起きた発火事故でも、セルが異常な高温になったことが判明している。ボーイング787型機を巡っては、日米の航空当局が運航停止を指示。その後、日航と全日空は6月から定期便の運航を再開した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン