/

遠隔操作の容疑者「真犯人は別にいる」 接見の弁護士に

パソコンの遠隔操作事件で、IT関連会社社員、片山祐輔容疑者(30)=威力業務妨害容疑で逮捕=に接見した弁護人の佐藤博史弁護士が14日、同容疑者が「真犯人は別にいる。自宅や職場のパソコンから遠隔操作の証拠が出るはずがない」と話していることを明らかにした。

警視庁などの合同捜査本部は、過去に関与した事件の逆恨みが動機につながったとみて調べているが、佐藤弁護士によると、片山容疑者は「(過去の事件は)悪いことをしたと思っている。警察に恨みはない」と説明しているという。

捜査関係者によると、片山容疑者は1月に江の島を訪れ、携帯電話で猫を撮影したことを認める一方、首輪を付けたことは否定。元日に報道機関などに送られたメールに「記録媒体を埋めた」と記されていた東京近郊の雲取山に登ったことは認めているという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン