2019年5月20日(月)

床にアイス足滑らせ客転倒 岡山地裁、店に860万円賠償命令

2013/3/15付
保存
共有
印刷
その他

ショッピングセンターで落ちていたアイスクリームで足を滑らせて転倒し、けがを負ったとして岡山市の女性(75)が約2600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、岡山地裁は15日までに、店を運営する天満屋ストア(岡山市)に約860万円の支払いを命じた。

判決理由で世森亮次裁判官は「転倒はアイスで足を滑らせたことによると推認できる」とし、「店側は巡回を強化するなどして、アイスが落下した状況を生じさせないようにすべき義務を負っていた」とした。

判決によると、女性は2009年10月、岡山市の天満屋ハピータウン原尾島店内でカートを押して歩行中、アイス売り場前の通路に落ちていたアイスで足を滑らせて転倒。右足の骨を折るなどした。

天満屋ストアは「判決内容を精査し、今後の対応を検討したい」としている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報