2018年11月16日(金)

最高裁のサイト改ざん 尖閣?画像に中国国旗

2012/9/15付
保存
共有
印刷
その他

最高裁が運営する全国の裁判所のホームページ(HP)が14日夜、尖閣諸島とみられる島の上に中国国旗がはためく画像に改ざんされた。最高裁はHPの運営を中止し、サイバー攻撃の可能性もあるとみて詳しい原因を調べている。

改ざんされた最高裁のホームページ=共同

最高裁によると、HPのトップページが中国国旗などのイラストに差し替えられた。英語、中国語、日本語で「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は中国であり、日本は釣魚島から抜け出す」というメッセージが表示されていたが、いつどのように改ざんされたかは不明という。

日本の政策に反対するハッカー集団などが中央省庁のサイトを攻撃する例が相次いでいる。今年6月には改正著作権法の成立で自由なインターネット利用が侵害されるとして、国際的なハッカー集団「アノニマス」が攻撃開始を表明。最高裁や財務省などのHPが不正侵入され、情報が改ざんされる事件が起きた。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報