/

最高裁のサイト改ざん 尖閣?画像に中国国旗

最高裁が運営する全国の裁判所のホームページ(HP)が14日夜、尖閣諸島とみられる島の上に中国国旗がはためく画像に改ざんされた。最高裁はHPの運営を中止し、サイバー攻撃の可能性もあるとみて詳しい原因を調べている。

最高裁によると、HPのトップページが中国国旗などのイラストに差し替えられた。英語、中国語、日本語で「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は中国であり、日本は釣魚島から抜け出す」というメッセージが表示されていたが、いつどのように改ざんされたかは不明という。

日本の政策に反対するハッカー集団などが中央省庁のサイトを攻撃する例が相次いでいる。今年6月には改正著作権法の成立で自由なインターネット利用が侵害されるとして、国際的なハッカー集団「アノニマス」が攻撃開始を表明。最高裁や財務省などのHPが不正侵入され、情報が改ざんされる事件が起きた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません