セシウム汚染の稲わら食べた牛、新たに42頭の流通判明
福島県浅川町の農家飼育

2011/7/14付
保存
共有
印刷
その他

福島県は14日、同県浅川町の肉牛農家が基準の約73倍の放射性セシウムを含む稲わらを肉牛に与え、42頭が東京都など少なくとも1都3県に出荷されたと発表した。厚生労働省の要請を受けた都などは肉の流通先の追跡調査を始めた。福島第1原子力発電所から離れた地域での新たな汚染発覚で、チェック体制の見直しが迫られそうだ。

県は農家に残っていた稲わらを調査。4つの検体から最大1キログラムあたり9万7000ベクレルのセシウムを検出した。農林水産省は水分を含んだ乾燥前の状態での飼料の暫定規制値を同300ベクレルと規定。9万7000ベクレルを乾燥前に補正すると2万2045ベクレルで、規制値の約73倍になる。

県によると、浅川町の肉牛農家は同県白河市の稲作農家が昨年刈り取り、屋外に保管していた稲わらを今年3月15~20日に買い、牛に与えた。今月12日、肉牛農家から「稲わらに放射性物質が含まれていないか心配だ」と相談があり、県は13日に立ち入り調査した。

県は農家に牛の出荷と移動の自粛を要請。県内の生産者と生産者団体にも、進めている全肉牛農家への立ち入り調査が終わる18日ごろまで同様の措置を求めた。

42頭は4月8日~7月6日に出荷され、うち40頭は6月までに市場に流通した。42頭の流通先の地域別内訳は横浜市14頭、東京都13頭、仙台市10頭、千葉県5頭。千葉の5頭は食肉に処理された後、全量が東京都中央卸売市場に出荷された。

厚労省は14日、東京都と仙台、横浜両市に対し牛肉を追跡調査し、店頭で販売されたかなどの流通状況と、放射性物質の検査ができるかどうかを報告するよう要請。都は千葉からの5頭分を含む肉の流通先の調査を始めた。

仙台市によると、仙台に出荷された牛は食肉加工後、1頭分は都の業者に、もう1頭分は山形県酒田市や岩手県花巻市、仙台市の業者に販売された。いずれも消費者には売られていない。残り8頭の流通経路は不明。

緊急時避難準備区域と計画的避難区域から出荷、搬出される肉牛には体表への放射性物質の付着などを確認する調査が行われているが、福島第1原発から約60キロ離れた浅川町はいずれの区域でもなく、調査は行われていない。白河市も同原発から70キロ以上離れる。

福島県産の牛肉を巡っては、南相馬市の農家が出荷した肉牛の食肉から規制値を超えるセシウムを検出。この農家が餌に使用した稲わらからは最大7万5000ベクレルのセシウムが検出された。

県は11日、県内の全肉牛農家を対象に、餌の管理状況などを調べる緊急立ち入り調査を開始。計画的避難区域と緊急時避難準備区域内から出荷される肉牛は全頭で、食肉処理時に放射性物質の有無を調べる方針を示している。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]