慶応大、iPSから色素細胞 皮膚がん・白髪解明に一役

2011/1/14付
保存
共有
印刷
その他

慶応義塾大の河上裕教授と岡野栄之教授らは14日、ヒトの新型万能細胞(iPS細胞)から色素細胞を作製することに初めて成功したと発表した。色素細胞は皮膚や目にあり、メラニン色素を作り紫外線から体を守るなどの役割を担う。細胞異常でがんができたり、欠乏により髪が白くなったりする仕組みの解明や治療法の開発に役立てる。

成果は米オンライン科学誌プロスワンに14日掲載された。ヒトの皮膚細胞に3つの遺伝子を入れてiPS細胞を作り、「胚様体」と呼ぶ細胞の塊に育てた。体内で色素細胞が作られる際に必須な成分を入れて約2カ月間培養すると、得られた細胞の6~7割がヒトの茶色の色素細胞になった。

色素細胞ががん化すると悪性黒色腫(メラノーマ)などになる。皮膚が白くなる白斑症、白皮症や白髪は色素細胞の減少によるとされる。

大人の色素細胞を大量に入手し調べるのは難しかった。新技術は病気の原因解明や創薬、人工皮膚を作る再生医療にも応用できるとみている。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]