2019年8月20日(火)

好奇心旺盛なクマ、人里に興味津々 エサ不足も原因

2011/10/17付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道庁によると、道内のヒグマの生息数は2000年の調査時点で1800~3600頭と推定され、その後さらに増えているとみられる。

市街地での出没が相次ぐ背景に、生息地と人の居住地の境界線が薄れていることがある。宅地開発などでヒグマが生息する山林と市街地が接近。道立総合研究機構環境科学研究センターの間野勉研究主幹は「好奇心旺盛な若いヒグマが山林から市街地へ出没している」と説明する。

餌不足が原因と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。