観測衛星打ち上げ前倒しを 現行機は原発十分に見えず
JAXAが要請へ

2011/4/14付
保存
共有
印刷
その他

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の立川敬二理事長は14日に記者会見し、地球観測衛星「だいち」後継機について、2013~15年とされる打ち上げ時期を前倒ししたいとの考えを示した。近く文部科学省に要請するという。

JAXAは被災地の衛星画像を提供しているが、画質が悪く、東京電力福島第1原発の状況把握などには事実上使えず、外国機関のデータに頼っているのが実情。

現在のだいちは06年に打ち上げた。今年1月には衛星の設計寿命を迎えており、いつ故障してもおかしくない状況にあるという。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]