/

観測衛星打ち上げ前倒しを 現行機は原発十分に見えず

JAXAが要請へ

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の立川敬二理事長は14日に記者会見し、地球観測衛星「だいち」後継機について、2013~15年とされる打ち上げ時期を前倒ししたいとの考えを示した。近く文部科学省に要請するという。

JAXAは被災地の衛星画像を提供しているが、画質が悪く、東京電力福島第1原発の状況把握などには事実上使えず、外国機関のデータに頼っているのが実情。

現在のだいちは06年に打ち上げた。今年1月には衛星の設計寿命を迎えており、いつ故障してもおかしくない状況にあるという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン