速報 > おくやみ > 記事

高野悦子さん死去 岩波ホール総支配人、名画発掘

2013/2/14付
保存
共有
印刷
その他

日本のミニシアターの草分けである岩波ホール総支配人として、世界の埋もれた名画の発掘、上映に尽力した高野悦子(たかの・えつこ)さんが9日午後2時41分、大腸がんのため東京都文京区の病院で死去した。83歳だった。連絡先は岩波ホール。お別れの会を行うが日取りなどは未定。喪主はめいで岩波ホール支配人の岩波律子さん。

旧満州(中国東北部)生まれ。日本女子大学卒業後、東宝を経て、パリ高等映画学院監督科に留学。1968年岩波ホール創立と共に総支配人に就任。74年から川喜多かしこ氏と共に「エキプ・ド・シネマ」を主宰し、サタジット・レイ「大地のうた」、ルキノ・ヴィスコンティ「家族の肖像」、アンジェイ・ワイダ「大理石の男」などを上映。85年から昨年まで東京国際女性映画祭のジェネラルプロデューサーを務める。2004年文化功労者。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ