STAP作製「成功者、理研も認識」小保方氏 代理人通じ

2014/4/14付
保存
共有
印刷
その他

報道陣の取材に応じる、小保方晴子氏の代理人、三木秀夫弁護士(14日午前、大阪市)=共同

報道陣の取材に応じる、小保方晴子氏の代理人、三木秀夫弁護士(14日午前、大阪市)=共同

新しい万能細胞といわれるSTAP(スタップ)細胞の研究論文に不正があったとされる問題で、理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)は14日、STAP細胞の作製に成功した第三者の存在について「理研も認識しているはずだ」などとする文書を代理人弁護士を通じて発表した。

小保方氏は9日の記者会見で小保方氏とは別に作製に成功した第三者がいると話したが、氏名は公表しなかった。文書でも「迷惑がかかってはいけないので名前は公表できない」としている。

会見でSTAP細胞の作製に200回以上成功したとした点については文書で「マウスから細胞を取り出す」「酸や物理的刺激など色々なストレスを与える」といった手順は「それほど時間はかからない」と説明。2011年4月に酸を利用して作製できることを確認後、同9月ごろまでに様々な条件で100回以上成功、その後も100回以上作製したという。

こうして作製したSTAP細胞を長期間培養して増殖性を持つかどうか確認する作業は「複数回再現性を確認している」と主張した。

STAP細胞の作製方法については「一言でコツのようなものを表現することは難しい」とし、「失敗しているステップについて具体的にポイントを教えることは体調が回復し、環境が整えば積極的に協力したい」とした。現在、開発中の効率のいい作製方法は「所属機関の特許などの事情もあり、現時点で私個人から全てを公表できない」と理解を求めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]