/

鉄道混乱、国交省も憤り 東電から説明一切ない

鉄道各社は計画停電の実施が発表された13日夜から、運行計画の変更に着手、14日未明に大幅な運休を決め、所管する国土交通省も安全性の確認に追われた。ところが午前6時20分から予定されていた停電「第1弾」は取りやめ。一部の鉄道会社が運行区間を広げたが、直後に東電が停電実施の可能性を示唆するなど混乱は収まる気配を見せない。

東京電力が計画停電を発表、首都圏の鉄道運行に影響を与えた(JR吉祥寺駅)

東京電力が計画停電を発表、首都圏の鉄道運行に影響を与えた(JR吉祥寺駅)

国交省によると、東電は計画停電を発表した13日夜以降、同省に対して一切の説明をしていない。

同省鉄道局の担当者は「再三にわたり情報提供を求めたが回答はない」と憤る。同省は14日午前の全体会議で同社に求める改善点をまとめ、申し入れを行う準備を進めているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン