2018年11月17日(土)

イラン不正送金、社員を略式起訴 役員らは処分保留

2013/2/14付
保存
共有
印刷
その他

国の許可を得ずにイランの企業に送金したとして、東京地検は14日までに、海運代理店、アトラス・シッピング(東京・品川)の送金業務を担っていた関連会社の三宅由紀社員(41)と法人としてのアトラス社を外為法違反(支払い等の制限)の罪で略式起訴した。東京簡裁は同日までに、三宅社員に罰金50万円、同社に罰金100万円の略式命令を出した。

アトラス社を設立した海運代理店の男性役員(64)と男性の経理統括部長(58)も同法違反容疑で逮捕されたが、いずれも処分保留で釈放した。

これまでの調べによると、三宅社員は2011年11月~12年2月、国の許可を得ずに、イランの船会社向けにアトラス社名義の口座から総額約1400万円を送金したとされる。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報