/

AIJから数百万円受領か 収賄容疑で逮捕の厚年基金理事長

福岡県エルピーガス厚生年金基金を巡る贈収賄事件で、同基金理事長の寺崎和典容疑者(70)=収賄容疑で逮捕=が、巨額年金詐欺事件で社長らが逮捕されたAIJ投資顧問(東京・中央)側から数百万円を受け取っていた疑いのあることが14日、関係者への取材でわかった。

同基金はAIJに約22億円の運用を一時委託しており、警視庁はAIJ側が契約の見返りとして寺崎容疑者に現金を支払った可能性もあるとみている。

同基金によると、寺崎容疑者は2001年に理事長に就任し、年金資産の運用先選定を主導。基金は05年8月~08年6月、AIJ傘下のアイティーエム証券(東京・中央)を通じて3回にわたり計約22億円で投資ファンドを購入した。

関係者によると、この頃に寺崎容疑者の関係する口座に同証券から数百万円の入金があった。警視庁はファンド契約で基金が同証券に支払った手数料の一部が還流していた疑いがあるとみている。

寺崎容疑者は懇意だった染谷訓容疑者(48)=贈賄容疑で逮捕=の運用コンサルタント会社から2億円の投資ファンドを購入する契約を結ぶ見返りに100万円の賄賂を受け取ったとして警視庁に逮捕された。

基金は運用方法に不備があるとして、昨年4月までにAIJとの契約を解消している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン