北日本と北陸で猛吹雪の恐れ、警戒呼び掛け
気象庁

2013/12/14付
保存
共有
印刷
その他

気象庁は14日、発達中の低気圧の影響で北日本(北海道、東北)と北陸では15日にかけて猛吹雪の恐れがあるとして交通の乱れに警戒するよう呼び掛けた。東北と北陸では大雪の恐れもある。

気象庁によると、14日は北海道・襟裳岬で瞬間風速30.4メートルの非常に強い風を観測。岩手県西和賀町と山形県大蔵村では14日朝までの24時間に約40センチの雪が降った。

オホーツク海にある発達中の低気圧は、15日にかけて動きが遅くなる見込み。上空には寒気も流れ込み、冬型の気圧配置が強まる。

15日にかけて予想される最大風速は、北海道20メートル(最大瞬間風速35メートル)、北陸20メートル(30メートル)、東北16メートル(30メートル)。波の高さは5~7メートル。

15日朝までの24時間予想降雪量は、東北の日本海側と北陸の多い所で70センチ。夜にかけさらに増える所がある。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]