/

北教組幹部に有罪判決 小林議員側への不正資金事件

札幌地裁

小林千代美衆院議員陣営への不正資金提供事件で、札幌地裁は14日、政治資金規正法(企業・団体献金の禁止)違反罪に問われた北教組の委員長代理、長田秀樹被告(50)に禁固4月、執行猶予3年(求刑禁固4月)の判決を言い渡した。団体としての北教組は求刑通り罰金50万円。

判決理由で園原敏彦裁判長は「当選のため組織の総力を挙げて支援した北教組が、目的実現のために手段の違法性に目をつぶった。政治活動の公明、公正さを確保するという法の趣旨に反した行為だ」と指摘した。

長田被告ら北教組側は閉廷後に記者会見し、控訴しない方針を明らかにした。

判決によると、北教組は2008年12月~09年7月、委員長(故人)と長田被告を通じ4回、計1600万円を、自治労北海道財政局長で陣営の経理担当だった木村美智留被告(46)=一審禁固6月、執行猶予3年=に提供した。

小林氏は09年8月の衆院選で北教組などの支援を受け、自民党の町村信孝元官房長官を破った。長田被告は急死した委員長の後任として陣営の選対委員長も務めた。

陣営では、選対委員長代行だった連合北海道札幌地区連合会前会長、山本広和被告(61)も公選法違反(買収約束、事前運動)罪に問われ、一、二審で懲役2年、執行猶予5年の判決を受けた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン