/

父のミトコンドリア、受精卵で食べられ消滅

群馬大が母性遺伝の仕組み解明

父親のミトコンドリアは食べられて消滅し、遺伝子は次世代には伝わらない――。細胞の中でエネルギーをつくる小器官ミトコンドリアで、母親のミトコンドリアの遺伝子のみが子に伝わる母性遺伝をするのは、受精卵の中で「自食」と呼ばれる作用が起き、父親のミトコンドリアを分解するためだとする研究結果を、群馬大の佐藤健教授と妻の美由紀助教(細胞生物学)が14日、米科学誌サイエンス(電子版)に発表した。

なぜ父親のものが排除されるのかは分からず、佐藤教授は「精子は運動量が多く、受精時にミトコンドリアが傷んでいる可能性がある。これを次世代に受け継ぐと良くないのかもしれない」と話している。

自食は細胞が飢餓状態になったときに自らの一部を分解して栄養源に使う場合などに起こる。

佐藤教授らは、実験用生物である線虫のミトコンドリアを着色し、受精卵を調べた。精子由来のもののみが受精直後に特殊な膜に包まれ、酵素によって徐々に分解される様子が観察された。卵子のミトコンドリアは残っていた。

ミトコンドリアは、人間や魚類などの生物の細胞内に存在し、細胞の本体とは別の遺伝子を持つ。母親の遺伝子のみが子に伝わるため、人類の祖先をたどっていくと、数十万年前のアフリカの女性に行き着くという説「ミトコンドリア・イブ」が知られている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン